残業代請求・未払い残業代 / 勤務形態別 / 勤務形態別 歩合給制

[ 勤務形態別 ]歩合給制


歩合給制とは、「出来高払制」「インセンティブ給制」ともいわれ、「売上に対して○%、契約成立1件に対して○円」といった一定の成果(業績)に対して定められた金額が支払われる賃金制度のことです。

労働基準法27条(出来高払制の保障給)では、「出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。」と定めています。
保証給の額についての定めはありませんが、休業手当に準じて、少なくとも平均賃金の100分の60程度を保障とすることが妥当とされています。

また、歩合給制を採用している場合、会社(使用者)が「時間外割増賃金が歩合給の中に含まれているから」と主張(反論)する場合がありますが、歩合給制であっても、法定労働時間を超えて労働した場合(時間外労働・休日労働・深夜労働)は、その部分について労働基準法37条(時間外、休日及び深夜の割増賃金)に基づき、割増料金が支払われなければなりません。

歩合給制(実績給)の割増賃金計算

歩合給制の場合は、歩合給の額を総労働時間で割って1時間あたりの賃金を計算します。

例:

ある月の歩合給(実績給)の合計が216,000円であった労働者が、その月に法定労働時間外労働18時間を含めて180時間労働した場合

歩合給制(実績給)の割増賃金計算

  • 216,000円÷180時間=1,200円 … 1時間あたりの歩合給(歩合給÷総労働時間)
  • 1,200円×0.25(※)=300円 … 1時間あたりの歩合給の割増賃金
  • 300円×18時間=5,400円 … 歩合給の割増賃金額

0.25である理由
出来高払制その他の請負制によって賃金が定められている場合、時間外の労働に対する時間当たり賃金(1.0に該当する部分)は、すでに基礎となった賃金総額のなかに含められていますので、加給すべき賃金額は、計算額の2割5分以上であれば足りることになります。」(昭23.11.25 基収第3052号)

歩合給制をめぐる民事裁判例

タクシー運転手に対する月間水揚高の一定率を支給する歩合給が時間外及び深夜の労働に対する割増賃金を含むものとはいえない」と判示された民事裁判例です。

  • タクシーの運転手

    割増賃金等事件(高知県観光事件 最高裁 平成6.6.13 労判653号)

    裁判要旨

    タクシー運転手に対する賃金が月間水揚高に一定の歩合を乗じて支払われている場合に、時間外及び深夜の労働を行った場合にもその額が増額されることがなく、通常の労働時間の賃金に当たる部分と時間外及び深夜の割増賃金に当たる部分とを判別することもできないときは、右歩合給の支給によって労働基準法(平成五年法律第七九号による改正前のもの)三七条の規定する時間外及び深夜の割増賃金が支払われたとすることはできない。

何度でも相談無料・着手金0円・全国対応・来所不要お気軽にご相談ください!

残業代請求の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル24H受付・土日も相談可能

ご相談の予約はこちら

  • tel:0120-525-686
  • お問い合わせフォーム

TOP