残業代請求・未払い残業代 / よくあるご質問 / タイムカードが直近の1ヶ月分しかありません。

よくあるご質問


タイムカードが直近の1ヶ月分しかありません。

タイムカードなどの勤怠記録が直近1ヶ月分しかなかったとしても、残業代を請求することができます。なぜなら、季節要因が大きく影響する仕事など、繁忙期と閑散期でよほどの差がない限り、他の月でも同じくらいの仕事をしていたと推定されるからです。また、変形労働時間制が採用されている場合であっても、労働時間が週40時間を超えていれば、時間外労働となりますので、残業代を請求することができます。

また、タイムカードで勤怠管理をされていたのであれば、会社(使用者)はタイムカードを労働者が退職してから3年間は保管しなければならいと法律で定められていますので、会社(使用者)にタイムカードなどの記録の開示を求めることができます。ただし、任意で交渉の段階では、会社(使用者)が資料開示請求に応じない可能性もあります。



何度でも相談無料・全国対応・来所不要お気軽にご相談ください!

残業代請求の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル24H受付・土日も相談可能

ご相談の予約はこちら

  • tel:0120-525-686
  • お問い合わせフォーム

TOP