残業代請求・未払い残業代 / よくあるご質問 / 在職中(就業中)の会社に、残業代を請求することはできますか?

弁護士とのご相談が何度でも無料です

  • お電話でのお問い合わせ 0120-525-953
  • LINEでお悩み診断
  • メールでのお問い合わせ

よくあるご質問


在職中(就業中)の会社に、残業代を請求することはできますか?

在職中(就業中)の会社に、残業代を請求することはできます。退職後よりも、残業代の請求に必要な証拠を集めやすいでしょう。残業代の請求は、労働者の正当な権利ですので、あきらめずにご相談ください。

しかしながら、就業中に残業代請求を行うことで、会社との関係性を心配される方もいらっしゃいますし、退職後の方が、遠慮なく会社に残業代を請求できるという方もいらっしゃいます。

残業代請求の時効は、3年間とされているため、退職日からすぐに請求を行いたいということで、「会社を退職することが決まったとき」、「最終出勤日から退職日までの有給休暇消化中」などにご相談にいらっしゃる方がほとんどです。

2020年4月1日以降に支払われる賃金については、時効期間が2年から3年に変更されました。
ただし、2020年4月1日より前に発生した賃金については、時効期間が2年のままとなりますのでお早めにご相談ください。


残業代請求の請求に関する質問

質問をもっと見る

何度でも相談無料・全国対応・来所不要お気軽にご相談ください!

残業代請求の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル24H受付・土日もご相談予約受付可能

ご相談の予約はこちら

  • tel:0120-525-953
  • お問い合わせフォーム
高橋弁護士

弁護士とのご相談が何度でも無料です

TOP