残業代請求・未払い残業代 / よくあるご質問 / 実際は決裁権も人事権ない、中間管理職ですが、「管理監督者」という名目で、残業代が支払われていません。

よくあるご質問


実際は決裁権も人事権ない、中間管理職ですが、「管理監督者」という名目で、残業代が支払われていません。

労働基準法上の管理監督者に該当しない可能性が高いため、残業代を請求できる可能性があります。

「管理監督者」については、肩書きや職位ではなく、権限や待遇などの実態から判断する必要があります。肩書きだけの所謂「名ばかり管理職」であれば、残業代を請求することができます。
また、管理職であれば、何時間働いても構わないということではありません。「管理監督者」であっても健康を害するような長時間労働をさせることは許されません。

※管理監督者
労働基準法上の管理監督者の定義づけは、裁判例などにより厳格な基準があり、労働条件の決定その他労務管理について経営者と一体的立場にある者といえるか否かにより判断されます。

※考慮されるべき判断基準

  • 管理職手当ないし役職手当等の特別手当が支給されているか。
  • 特別手当の支給額は管理監督者に該当するといえるにふさわしいものか。
  • 出退勤について規制があるか、ある場合はその程度。
  • 職務の内容が、ある部門全体の統括的な立場にあるか否か。
  • 部下に対する労務管理上の決定権等について一定の裁量権を有しているか、部下に対する人事考課、機密事項に接しているか否かなど

が考慮されます。


残業代請求の請求に関する質問

質問をもっと見る

何度でも相談無料・着手金0円・全国対応・来所不要お気軽にご相談ください!

残業代請求の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル24H受付・土日も相談可能

ご相談の予約はこちら

  • tel:0120-525-686
  • お問い合わせフォーム

TOP