残業代請求・未払い残業代 / よくあるご質問 / 午前中は自宅から取引先(営業先)に直行し、午後4時以降に帰社後、内勤業務を行うことがほとんどですが、私の場合、みなし労働時間制が採用されるのでしょうか?

よくあるご質問


午前中は自宅から取引先(営業先)に直行し、午後4時以降に帰社後、内勤業務を行うことがほとんどですが、私の場合、みなし労働時間制が採用されるのでしょうか?

午後4時までは所定時間労働したものとみなされ、それ以後は実労働時間で計算して、両者の合計を1日の労働時間とされます。よって、残業代は請求できます。

※みなし制の適用要件

第一の要件:事業場の外で労働がなされること。
労働の一部が事業場外で行われ、残りが事業場内で行われる場合は、事業場外での労働についてのみ、みなし計算がなされます(昭63.3.14基発150号)。

第二の要件:労働時間を算定しがたいこと。
労働時間を算定しがたいかどうかは、使用者の具体的な指揮監督や時間管理が及ぶか否かなどにより判断されます。

みなし制により処理を行う場合は、所定労働時間によるのが原則ですが、業務を行うのに所定時間を越えて労働することが通常必要である場合には、その通常必要な時間につき、みなしが行われます。
「通常必要な」時間は、判断が難しいため、過半数組合、組合がない場合は過半数代表者との労使協定により「通常必要な」時間を定めることができます。
ただし、当該業務の遂行に通常必要とされる時間は時とともに変化することが考えられるので、協定には有効期間の定めをしなければなりません(労働基準法施行規則24条の2第2項)。また、この協定は届出が必要です(労基法38条の2第3項)。


残業代請求の請求に関する質問

質問をもっと見る

何度でも相談無料・全国対応・来所不要お気軽にご相談ください!

残業代請求の弁護士無料相談の予約専用ダイヤル24H受付・土日も相談可能

ご相談の予約はこちら

  • tel:0120-525-686
  • お問い合わせフォーム

TOP